489752

ももたろう:掲示板


[トップに戻る] [スレッド表示] [トピック表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
文字色
< 1234>
『きつねの時間』! 投稿者:けい 投稿日:2019/08/27(Tue) 11:17 No.3806

蓼内明子さんの新刊、書影が出ましたね。
色味がとてもすてきです。
おうちマークから、フレーベル館のページにリンク張りました。
9月発売とのこと。
楽しみです。

Re: 『きつねの時間』! - 山本悦子   2019/08/27(Tue) 16:43 No.3807
ももたろう46号に掲載された作品ですね。
あのときは「きつね色にかわるまで」というタイトルでした。
発売が楽しみですね。

Re: 『きつねの時間』! - 山本悦子   2019/08/27(Tue) 16:51 No.3808
ついでにお知らせします。
わたしの「犬がすきなぼくとおじさんとシロ」も
岩崎書店より9月発売です。

Re: 『きつねの時間』! - けい   2019/08/27(Tue) 23:47 No.3809
『犬がすきなぼくとおじさんとシロ』もですね。
こちらも楽しみです!
Re: 『きつねの時間』! - 東のあきこ   2019/08/28(Wed) 22:17 No.3810
けいさん、山本さん、ご紹介ありがとうございます!

大野八生さんの表紙、かわいくてとっても気に入っています。
Re: 『きつねの時間』! - 東のあきこ   2019/08/28(Wed) 22:21 No.3811
『犬がすきなほくとおじさんとシロ』良いお話ですよね。

飛ぶ教室に掲載されたものより長くなっているのでしょうか。楽しみです。

いよいよ読書の秋の到来ですね。たくさんの皆さんに読んでいただけますよーに。
Re: 『きつねの時間』! - 森崎   2019/09/10(Tue) 18:04 No.3822
『きつねの時間』わくわくする表紙ですね。
でも、私は、赤いのを、ぱっと見で「いちご?」と、思ってしまいました。すみません。
どう考えてもトマトですよね。←なぜすぐ気づかないんだ、私。
私は、クックパッドで見つけたレシピでインド風のを作ってみましたが、なかなか難しい……。
主人公の作ったカレーをぜひ食べてみたいと思いながら、ももたろうを読んでいました。
本、買って読んだら、また挑戦してみようかな。でも、家、父が辛いの苦手なんですよねえ・・・。
辛すぎなくておいしくていいレシピがありましたら、ぜひ教えてください。
なんだったら続編で(笑)。

『犬がすきなぼくとおじさんとシロ』の表紙もさわやかで素敵ですね。
やっぱり犬には青空がよく似合います。

どちらの本も楽しみにしています〜♪
Re: 『きつねの時間』! - けい   2019/09/10(Tue) 18:34 No.3823
ネットの本屋さんの情報では、『きつねの時間』が9月9日(きのうだ!)、『犬がすきなぼくとおじさんとシロ』は9月13日(今週だ!!)が発売日ですね。
リアル本屋さんチェックに行ってきますね〜
Re: 『きつねの時間』! - 東のあきこ   2019/09/12(Thu) 18:42 No.3825
久我さん、私が作るインドカレーはあまり辛くありませんよ。スパイスは効いていますが。

思うんですが、市販のカレールーのカレーより、油分が少ないから、ヘルシーなんじゃないかなぁ、と。
煮込む時間も少ないし。

でも、好き嫌いがありそうなので、めだか館勉強会の時は、作らなかったんですよ。
Re: 『きつねの時間』! - 森崎   2019/10/21(Mon) 16:08 No.3857
今日、図書館(おらが町にもようやくできた)へ行ったら、
山本さんの『犬がすきなぼくとおじさんとシロ』が新刊の棚にありました。
嬉しかったので、ご報告です。

ちなみに、以前、個人的に気になっていつもの本屋で注文して購入した
『敗者の歴史38億年』も図書館に入っていて・・・ええっ、入るなら待ったのに! って思ったのですが、
もしかしたら、本屋のおばちゃんが、自分のところで注文したよって本を紹介しているのかも。

と、思ったので、これからもおばちゃんのところで買おう。

あっ、蓼内さんの本も宣伝しておきました〜。実るといいのですが。(ダメだったらすみません)
Re: 『きつねの時間』! - 山本悦子   2019/10/21(Mon) 20:08 No.3859
森崎さん、ご報告ありがとうございます。
そうか「シロ」は、福島まで行ったのね。
次は、「翼」に飛んでいってほしい!
Re: 『きつねの時間』! - 東のあきこ   2019/10/21(Mon) 23:56 No.3861
森崎さん、宣伝いただきありがとうございます!
『きつねの時間』がチャンプ本! 投稿者:サンタ 投稿日:2019/10/20(Sun) 21:36 No.3853

サンタです。
今日、作家の竹内真さんと「カレー&ビブリオバトル」というイベントが戸田公園にある図書館で行われて、
デモバトルに参加してきました。
テーマは「スパイス」。
そうしたらもう、この本しかないでしょう。
蓼内さんの『きつねの時間』です。
ジャジャーン
うれしいことに、チャンプ本になりました。

いろいろビブリオバトルには出ている私ですが、
なかなかチャンプ本をゲットできないんですよね〜。
今回は御本のおかげでチャンプ本に!
うれしくてこちらにもご紹介させていただきました。

Re: 『きつねの時間』 - サンタ   2019/10/20(Sun) 21:37 No.3854
あれれ、なんか画像が横になっています。
お許しを。
Re: チャンプ本! - 山本悦子   2019/10/21(Mon) 07:56 No.3855
おおっ! チャンプ本に!
素晴らしい!
面白さを伝えて、読んでみたいなと思ってもらうのってむずかしいですよね。
これで、きっと読者さんが、増えたはず!
さすが、サンタさん!
Re: チャンプ本! - サンタ   2019/10/21(Mon) 11:56 No.3856
山本さん ありがとうございます。
以前、飲み会の席でのビブリオバトル=通称:泥ビブ(泥酔ビブリオバトル)で、
『夜間中学へようこそ』を紹介してチャンプ本を取ったことがあります(;^_^A(山本さん、泥酔のときで失礼しました)
Re: チャンプ本! - 山本悦子   2019/10/21(Mon) 20:06 No.3858
いえ! 泥酔ビブリオバトル、素敵じゃないですか!
酔った勢いで、好きな本を
思いっきり紹介する!
わたしも参加したい!
ありがとうございました。
『きつねの時間』がチャンプ本! - 東のあきこ   2019/10/21(Mon) 23:54 No.3860
サンタさん、ありがとうございます! 光栄です!

どんな言葉でプレゼンしてくださったんでしょう。お聞きしたかったです。きっとすごく説得力のあるご紹介だったんだろうな。心より感謝申し上げます。

酔った勢いでやるビブリオバトル、実に面白そうですね。
もも、到着です。 投稿者:灯台守 投稿日:2019/09/30(Mon) 20:30 No.3835

ももたろう、神戸に流れ着きました。
ちょっと余裕がないのdえ、すぐには読めませんが、
必ず感想はお伝えします。

楽しみにして読ませていただきます。

ではでは♪

Re: もも、到着です。 - 山本悦子   2019/09/30(Mon) 23:24 No.3836
灯台守様

お知らせ、ありがとうございます。
ゆっくりお読みくださいね。

世界の子どもの本講座 投稿者:けい 投稿日:2019/09/10(Tue) 11:08 No.3819

JBBY(日本国際児童図書評議会)主催の『世界の子どもの本講座』の第2回に行ってきました。
上橋菜穂子さんが受賞されて話題になった国際アンデルセン賞の次回の候補としてJBBYは富安陽子さんを推しています。
それで、関連企画として今回は、富安陽子さんの作品世界を、大阪国際児童文学振興財団の土居安子さんが紹介してくれました、
土居さんのお話のおもしろかったこと!!
富安さんの作品はもともと大好きなのですが、ますます好きになりました。土居さん、富安さんの作品もご本人のことも大好きなんだろうなぁ。
好きってものすごいエネルギーなんだと思いました。
ちなみにこの講座の4回目は、富安さんの講演会、テーマは「物語が生まれる時」です。
詳しくは、おうちマークからどうぞ!!

Re: 世界の子どもの本講座 - 山本悦子   2019/09/10(Tue) 11:24 No.3820
うわあ、魅力的な講座ですね。
JBBYの案内を見たとき、行きたいなあと思ったのですが
いかんせん、地方なので……。
こういうとき、
関東に住んでないのが悔やまれます。
Re: 世界の子どもの本講座 - 森崎   2019/09/10(Tue) 12:43 No.3821
私も地方在住なのが残念です。
富安さんの受賞がなるといいですね。
ありがとうございました 投稿者:kawaue 投稿日:2019/09/10(Tue) 07:55 No.3818

ご無沙汰いたしております。

恐れながら、「鬼ヶ島通信」にエッセイを投稿して、いろいろと問題を起こしましたが、自問自答しながらも、紆余曲折があり、落ちたり、這い上がったりしてきました。

問題を起こしたのは、自信の無さからですね……。

拙いエッセイでしたが、掲載していただいた、末吉暁子先生には、感謝の言葉しかございません……。

あれから20年近くが経ったんだなと、感慨深く、時間が経つのは早いものだと、思っています。

修士を出て、新卒での就職に失敗したり、統合失調症で閉鎖病棟に入院したり、大変なことを経験しましたが、今ではそれらも宝物だと思っています。

念願だった本を何冊か世に出すこともできましたし、自分が書いたシナリオのゲームを世に出すこともできました。

と、前置きが長くなりましたが……。

児童文学ではなく、歴史の浅い、ゲームというサブカルチャーの分野に進み、今思うとライバルが少なくて、それが良かったのかもしれませんが、無事、大学教員への道が開かれました。見通しが立ち、来年の4月から新たなスタートが始まります。東京へと居を移します。

それから、それと並行して、補欠的な位置だとは思いますが、無事、先日、合格しまして、10月入学で、九州大学大学院の博士後期課程で、芸術に関する研究を行うことになりました。それまでは、鹿児島大学法文学部で科目等履修生をしていました。

40歳近くになってしまいましたが、あとは、母が健在のうちに家庭を築き、社会貢献ができたらと思っています。

話題は変わりますが、「さびしんぼう」などの映画を観ますと、ノスタルジックかつ、母への愛を感じます。

私の母は、私が子どもの頃に父親が難病になり、ずっと父親の介護をしながら仕事をし、私を育ててくれました。

いつかは、故郷に帰りたいと思っています。

今思うと、統合失調症との闘いで、バカな書き込みをしたなと思うこともありますが、反省しつつも、前向きに考えたいと思います。

恐れながら、「シネマトゥデイ」という映画情報サイトに、「新海誠監督の映画を旅する〜実際の土地と青春キャラを巡る」という記事を書かせていただきました。

未熟ながら、今後とも、何卒、よろしくお願いいたします。

< 1234>
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -